Skip to content

オールドドメインと被リンクの関係性とは

08-8月-13

オールドドメインというものをご存知でしょうか。

オールドドメインとは、いわば中古のドメインです。

過去に使われていたけれど今は誰も使っていないもの、それがオールドドメインです。

そして、このオールドドメインと被リンクは、深く結びついているのです。

 

 

オールドドメインの中には、現在でも残っている良質な被リンクを持っているものも存在します。

なので、このオールドドメインを得ることは、良質な被リンクを得ることのもつながるのです。

また、長期間存在している被リンクは、グーグルなどから高く評価することにもなります。

 

 

一見するとよい点ばかりが目立つこの方法ですが、デメリットも存在します。

まず、管理することが大変だという点です。

メインのサイト以外にも新しく持つことは、意外と大きな負担となるでしょう。

また、良質な被リンクを持っているオールドドメインは高価な場合が多いです。

 

 

このようにメリットデメリットがありますが、上手に扱うことができれば大きな武器となるでしょう。

一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

有効な被リンクの貼り方

06-8月-13

自分が運営しているサイトの価値を高めるために、他人から多くのナチュラルリンクを得るには難しいため、

たいていの人はリンク集やサテライトサイトを利用した自演リンクを活用していくことになるでしょう。

ですが、被リンクの貼り方を誤ってしまいますと検索エンジンからの評価を得られないうえに、

場合によってはペナルティをくらってしまう恐れがありますので注意して貼るようにしましょう。

 

 

 

有効な被リンクの貼り方は、アンカーテキストを自分のサイトに合った内容でリンクを貼るということです。

よくアンカーテキストでは、「こちら」とされているリンクを貼っている場合がありますが、

これでは検索エンジンは高い評価を出してくれません。

高い評価がほしいならば、自分のサイトの名前であったり記事のタイトルであったりと、

サイトに関係のある被リンクをもらうようにしましょう。

 

 

 

自演リンクはナチュラルリンクと混ぜることで、大きな力を発揮します。

自演リンクだけでは上記のようにペナルティをくらってしまうので、

3割くらいに抑えておくとペナルティをくらう可能性を下げるうえに、

検索エンジンに良い評価を受けることができるでしょう。

被リンクを増やす時の注意点

04-8月-13

被リンクはSEO対策においてとても重要な

役割を果たしていますよね。

なので被リンクを増やしたいと思う方は

少なくないのではないでしょうか。

 

 

しかし被リンクを効率よくたくさん増やしたいと

思うばかりに、ツールを使ってしまったり

適当な業者に任せてしまう方もいらっしゃるようです。

 

 

それはやめておいた方が良いでしょう。

というのも、ツールなどで自動で増やしたり

ヘタな業者に任せてしまうと、その行為が

「スパム認定」されてしまう危険性があるのです。

 

 

せっかくたくさんの人に見てもらいたくて

一生懸命作ったページが間違ったSEO対策で

スパム認定されてしまっては、まさに本末転倒ですよね。

 

 

なので被リンクを増やしたいと思っても、

自動的に一気にたくさん増やすような方法は

取らない方が良いと言えるでしょう。

 

 

やはり一番良い方法は地道に自分の手で増やしていく事です。

そうして増えた被リンクは価値も高いですし、

良いページを持っていれば自然と被リンクやアクセスは

増えていくものだと思います。

 

 

適格機関投資家特例業務について

01-9月-13

適格機関投資家というのは、平たく言うとプロの投資家のことです。普通はファンドの運用やファンドの販売及び勧誘を行う場合は、金融商品取引法により、金融庁などに厳格に登録をする必要があります。しかし、ある一定の条件を満たす場合は簡単な届け出だけでファンド業務などが行える場合があります。これが適格機関投資家特例業務です。この際満たさなければならない一定の条件というのが、投資家の中に適格機関投資家が1名以上存在し、それ以外の一般投資家が49名以下であるということです。

ファンドや適格機関投資家特例業務なら

ただ最近この適格機関投資家特例業務を悪用して、悪質な届出業者による投資者被害が続出している実情があります。主な被害例としては適格機関投資家の出資が行われていない場合ですとか、49名以下でなければ認められない一般投資家の数が50名以上あったり、出資金を運用資産意外に流用しているケースなどです。また登録していない業者に対してファンドの販売や運用の委託をしている場合もあります。

金融庁は財務局などもこれらの悪質業者への取り締まりを強化していますが、ファンドを利用する際にはくれぐれも内容をよく検討する必要があります。

慣れると実は使いやすい、足踏みミシン。

15-8月-13

今の若い方は、実物の足踏みミシンを見たことが無いと思います。

私の子どもの頃は、家庭科室のミシンの2〜3割程度かそれ以上は

足踏みミシンでした。また、叔母の家に足踏みミシンがありました。

ミシンを使って様々な物を作ろう
子どもの頃のは、あのミシンが楽しくって、好んで使っていました。

上手に脇のロープを操って、足元のペダルを踏まないと、前に進まず

後ろ向きに進んでしまいます。その感じが楽しいのと、上手く動いた時の

嬉しさと、”出来る人な自分”の満足感とを同時に感じることが出来ます。

今にして思えば、電気を使っていないので、とてもエコロジーなミシン

ですよね。問題は、スペースを沢山取るので、今の住宅事情には

向かないといった所でしょうか?小さいお子さんがいらっしゃる

お母さんの手芸には、刺しゅう機能もないので、そこもデメリットに

なるかもしれません。刺繍が趣味なら、問題ないですけどね。

最近の電動ミシンは小さく、さらに色々な機能も付いていて、とても

便利ですが、普通に縫うだけなら、足踏みミシンの方が、縫いやすく

手芸している満足感に浸れてました。もし、目の前に電動と足踏みの

2台があったら、迷わず足踏みミシンを使います。

Googleのアクセス解析で被リンク元をチェック

02-8月-13

アクセス解析として有名な「Google Analytics」。中堅以上のブログやサイトはほとんど使用しているサービスといっても過言ではありません。詳細なアクセスが見れるだけでなく、訪問者がどこから来たのかも調べることができます。

 

この解析を使って、被リンクをチェックする方法をお教えします。

Analyticsの左側、「トラフィック → ソーシャル」の部分に「トラックバック」という項目があります。

ここは「どこからリンクを貼られたか」がチェックできる、いわゆる「被リンクチェックページ」なのです。

自分のサイトのURLがどこに貼られたのか、どのページから何人来ているかが一目瞭然でわかるのです。

 

ただし、ここで気にしていただきたいのは右上の「訪問」という数のところです。ここがゼロの場合、リンクは貼られたけれども、そこから来ている人がいないということになります。

良い被リンクとは、自分のページにユーザーを運んでくれるリンクのことなので、あまり効果がないページに貼られていても意味はありません。

 

とはいえ、このように被リンクを解析ページでチェックできるようになったことで、Google Analyticsの使用頻度は今後ますます上がっていきそうですね。

検索エンジンと被リンク獲得方法

31-7月-13

グーグルページランクと被リンクの関係はとても密接したものであり、検索結果にも大いに関係します。

質の良いサイトからリンクされると、検索エンジンに良い評価を貰える可能性が高くなり、結果、ページランクがあがりますので、検索結果上位表示されやすくなります。

 

 

被リンクを増やす方法として一番簡単な物は相互リンクです。

他にも、メルマガ配信、動画投稿・知恵袋サイトを使った増やし方など色々ありますが、どれもすぐに結果がでる訳ではありませんので、焦らず行ってください。

 

 

無料で出来る対策以外に、一定の料金を支払って被リンクを購入する、ディレクトリ登録するなど色々ありますが、被リンク購入はGoogleでは推奨されていませんのでオススメできません。

 

ディレクトリ登録は審査があり高額のお金を支払う事になりますが、yahooカテゴリなどかなり上ランクのサイトからの被リンクを獲得できるので、手間をかけずランクをあげたい人にオススメです。

 

 

被リンク対策はSEO対策と同じでやり過ぎるとスパム扱いされ、評価が下がりますので、対策はほどほどに、地道に気長に行っていきましょう。

被リンクの増やし方

29-7月-13

被リンクが大切だという事はわかっているけれど、

一体どうやって被リンクを増やしたら良いのかわからない

なんていう方も多いかと思います。

なので今回はそんな方のために、被リンクの増やし方を

いくつか紹介したいと思います。

 

 

まず一番基本的な方法としては、コンテンツを充実させて

魅力的なページ作りをする事が挙げられます。

つまり、自然とリンクしたいと相手に思わせるような

ページ作りという事です。

 

 

しかしそれでは時間がかかって効率も悪いと思う方は、

業者に依頼をするというのも一つの手ですね。

 

 

お金はかけたくないという方は、相互リンクを募集しているサイトで

連絡を取って相互リンクをお願いするのも良いでしょう。

また自分のサイトでも相互リンクを募集しておけば同じく被リンクを

増やすきっかけになる事かと思います。

 

 

このように被リンクを増やす方法はいくつもあります。

なので一番自分に合っていると思うものを選んで、

実際にやってみてください。

被リンク状況のチェックツールを活用しよう

27-7月-13

最近の検索エンジンはスパムサイトの撲滅に力を入れ始めています。

やたらと発リンク数の多いサイトや、重複コンテンツを持つサイトはスパムサイトと認定され、ページランクを下げられています。

また、そういったスパムサイトから被リンクを得ているサイトも、何らかのペナルティをグーグルから与えられるケースが増えています。

 

 

したがって、自分のサイトが一体、どんなサイトから被リンクを得ているかを常にチェックすることは大切です。

もしも、スパムサイトからの被リンクがある場合は、そのリンクを早めに解除できるよう対処をしたほうがいいです。

 

 

自分のサイトが獲得している被リンクの状況をチェックしたいのであれば、グーグルのWebマスターツールを使うのが一番いいです。

利用は基本的に無料でできますし、導入もホームページを作れる技量があれば容易に可能です。

他のサイトをチェックすることができないのはやや不便ですが、しかし、グーグルのツールだけあって、情報の精度が高いことが最大の魅力となっています。

アクセス数アップには被リンクの数が大切

24-7月-13

ブログを始めた以上は、出来るだけアクセスして欲しいものです。

しかし、このアクセス数を増やすのは簡単ではありません。

しっかりとした対策を考える必要があるのです。

 

 

具体的な対策として、被リンクの数を増やすという方法があります。

被リンクとは、別のブログやサイトに自分のブログへのリンクを貼ることです。

この被リンクこそが、アクセス数アップにとって大切なのです。

 

 

単にリンク数が増えるというだけではなく、検索エンジンの評価が高まるのです。

検索エンジンの評価が高まると、検索結果でより上位に表示されます。

被リンクが大切なのは、この検索エンジンへの対策なのです。

 

 

被リンクを増やすには、他のブログやサイトに相互リンクを申し込むことです。

必ず相互リンクをしてもらえる訳ではありませんが、申請を続けましょう。

また、ランキングサイトに登録するのも有効な方法です。

 

 

地道な作業ですが、コツコツと相互リンクを申請しつつ、

同時に毎日ブログを更新していけば、アクセス数はアップしていきます。