Skip to content

Googleのアクセス解析で被リンク元をチェック

アクセス解析として有名な「Google Analytics」。中堅以上のブログやサイトはほとんど使用しているサービスといっても過言ではありません。詳細なアクセスが見れるだけでなく、訪問者がどこから来たのかも調べることができます。

 

この解析を使って、被リンクをチェックする方法をお教えします。

Analyticsの左側、「トラフィック → ソーシャル」の部分に「トラックバック」という項目があります。

ここは「どこからリンクを貼られたか」がチェックできる、いわゆる「被リンクチェックページ」なのです。

自分のサイトのURLがどこに貼られたのか、どのページから何人来ているかが一目瞭然でわかるのです。

 

ただし、ここで気にしていただきたいのは右上の「訪問」という数のところです。ここがゼロの場合、リンクは貼られたけれども、そこから来ている人がいないということになります。

良い被リンクとは、自分のページにユーザーを運んでくれるリンクのことなので、あまり効果がないページに貼られていても意味はありません。

 

とはいえ、このように被リンクを解析ページでチェックできるようになったことで、Google Analyticsの使用頻度は今後ますます上がっていきそうですね。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*