Skip to content

慣れると実は使いやすい、足踏みミシン。

今の若い方は、実物の足踏みミシンを見たことが無いと思います。

私の子どもの頃は、家庭科室のミシンの2〜3割程度かそれ以上は

足踏みミシンでした。また、叔母の家に足踏みミシンがありました。

ミシンを使って様々な物を作ろう
子どもの頃のは、あのミシンが楽しくって、好んで使っていました。

上手に脇のロープを操って、足元のペダルを踏まないと、前に進まず

後ろ向きに進んでしまいます。その感じが楽しいのと、上手く動いた時の

嬉しさと、”出来る人な自分”の満足感とを同時に感じることが出来ます。

今にして思えば、電気を使っていないので、とてもエコロジーなミシン

ですよね。問題は、スペースを沢山取るので、今の住宅事情には

向かないといった所でしょうか?小さいお子さんがいらっしゃる

お母さんの手芸には、刺しゅう機能もないので、そこもデメリットに

なるかもしれません。刺繍が趣味なら、問題ないですけどね。

最近の電動ミシンは小さく、さらに色々な機能も付いていて、とても

便利ですが、普通に縫うだけなら、足踏みミシンの方が、縫いやすく

手芸している満足感に浸れてました。もし、目の前に電動と足踏みの

2台があったら、迷わず足踏みミシンを使います。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*